楽団紹介

Fish 1280

2003年4月Blitz Brass(ブリッツ・ブラス)として結成。2013年4月結成10周年を迎え、一般社団法人Blitz Philharmonic winds(ブリッツ・フィルハーモニック・ウインズ)と改称。結成以来、「クラシック音楽のコンサートに足を運んだことのないお客様にも吹奏楽を通じて音楽の素晴らしさを伝えたい」というコンセプトを掲げ、年4回の定期演奏会では既存の型にとらわれない斬新なスタイルの公演を数多くプロデュースし、これまでの演奏会では入場制限をするほどの人気を獲得している。

メンバーには、日本を代表するコンクールの入賞者や国内外のオーケストラで活躍する奏者を擁し、演奏内容にも定評がある。また、これらの実績により2010年10月大韓民国文化庁主催2010 Korea International Wind Band Festivalに招聘され、初の海外公演を果たす。主要3都市での公演は大成功を収め、その様子は韓国国内でテレビ放映された。

レコーディングも意欲的に行い、吹奏楽の主要なレパートリーを収録したCD「Blitz Brass」シリーズは、これまで楽天クラシック部門では週間売上第 1位を記録し、クラシック音楽のCDとしては異例の売上を記録した。また異色のコラボレーションと斬新な企画が話題を呼んだCD「SAX EXPO!!」は、レコード芸術誌で特選盤として紹介されるなど高い評価を得ている。

演奏依頼も多く、最近ではキングレコード「ヒットマーチ!」シリーズ、東京書籍webショップ音楽専門館「ブラス・アンサンブル」シリーズを手掛け好評を得る。